事業計画    戻る

 
クラブ奉仕委員会    委員長 小口 直久
 「ひらめきと継続」を常に意識したクラブ運営を心がけます。
会員全員がお互いを大切にし、協力することで、例会、親睦事業、奉仕活動全てが充実したものとなるように、委員全員で気配りを絶やさず、円滑なクラブ運営のお手伝いをさせていただきます
 良き伝統は継続し、ひらめきの中から生まれる新しい息吹を吹き込み、全ての会員が満足できるような事業を企画・運営します。
【事業】
1.出席
出席された会員には、ようこその思いでお迎えし、出席率の向上を目指します。欠席される会員は無断欠席が無くなるよう、欠席の連絡をお願いします。
2.ニコニコBOX
年間目標額を60万円とします。ニコニコBOXの発表は、感謝の気持ちを伝えます。会員の沢山の幸せを期待しています。
3.親睦事業
会員同士の友好がより深まる事業の企画・運営を行います。
 @ 納涼例会
 A 親睦旅行
 B クリスマス例会
 C 3クラブ・2クラブ(お花見例会)合同例会
 D 大津中央RCとの交流
 E 早朝例会
 F 最終例会 など
4.プログラム管理
幹事、各担当委員会と協力し、会員が積極的に参加できるプログラムを目標とします。
職業奉仕委員会     委員長 林 一紀
 ロータリーの根幹である職業奉仕は「ロータリーの目的」第2項に基づいており、ロータリアンは職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすることを奨励し、これを育むことが求められています。
 ロータリアンが自らの職業を通じて相手の立場に立った事故の職業活動を行い、高い倫理基準を保ち、人々に社会に奉仕すること、これが職業奉仕であります。
 職業奉仕に対する理解、職業奉仕を明確に定義することは容易ではありませんが、社会的責任を自覚し、職業を通じて職業奉仕の実践、行動へとつなげていきたいと考えております。
 本年度も当クラブの伝統を引き継ぎながら、西澤会長の「ひらめきと継続」を重要命題としてとらえ、事業を進めていきたいと思います。
【事業】
1.会員卓話(私の職業奉仕)
2.外部講師卓話(2600地区より)
3.会員セミナーの実施
4.会員健康診断の実施
5.出前講座(講師派遣)
6.会員増強 退会防止 会員選考
7.35周年事業式典部会担当
社会奉仕委員会     委員長 三村 昌暉
 社会奉仕委員会は、クラブの会員がその地域社会に対する諸責務を遂行するうえに役立つ指導と援助を与えるような方策を考案し、これを実施する。
 (a) 人間尊重
 (b) 地域発展
 (c) 諏訪湖浄化
 (d) 協働奉仕
 地域内のロータリー提唱の活動を推進する団体との関係を強化し、その奉仕活動に協力することに心を配る。
 上記が当クラブの細則に示された社会奉仕委員会の役割です。クラブ細則に基づき、以下の継続事業を遂行すべき事業計画を立案いたしましたが、今期は創立35周年の年で、記念事業の国内事業小部会を担当することになり、そちらに多くの労力を費やすことにより、継続事業の完全実施は行えないかもしれません。
 35周年記念事業では、諏訪湖浄化基金の有効な使い道を検討する課題に取り組みます。会員諸兄のお力をお借りしたいと思います。
 又、継続事業はいつか総括し、見直さなければなりません。実際、負担を感じる会員の声なき声もあると聞いています。継続事業の今後に関しては検討の必要有と考えますが、検討には時間と会員の知恵を必要とするため、早急な結論は出せないかもしれません。
【事業】
1.諏訪湖浄化活動の推進
2.諏訪湖の推進を考える事業
3.青少年奉仕委員会との協働事業(諏訪湖観察会・里山整備事業)
4.東日本大震災復興支援事業
5.35周年記念事業・・国内事業小部会担当
国際奉仕委員会     委員長 宮坂 英貴
国際奉仕委員会では、セブ島支援として鍵盤ハーモニカを収集し、セブ島の子どもたちに送り続けてきました。そして、音楽を通じて学びの場を与えるのと同時に、現地先生も含め、子どもたちと交流を図ってきました。本年度創立35周年という節目にあたり、鍵盤ハーモニカを使った音楽祭を開催いたします。30周年にも行われた音楽祭ですが、本年度は参加学校も増え、関わる人の数も増えた音楽祭を開催する事で、この事業を評価し、そして40周年に向けて現在のセブ島支援を含め、今後どのような事業を中心に活動していけば良いかについても検討してまいります。
【事業】
1.米山奨学会・奨学生の援助
2.ロータリー財団への寄附
3.ポリオ撲滅運動
4.セブ島支援・セブ島訪問
 @ 鍵盤ハーモニカを使った音楽祭の開催
 A セブ島支援を含め今後の課題・調査・研究
5.ミンダナオ子ども図書館財団支援のための調査研究
 @ ミンダナオ図書館訪問(デイケアセンター他支援)
 A 現地ロータリークラブ・ギダパワンロータリークラブ訪問
青少年奉仕委員会     委員長 太田 淳也
 これからの時代を創造していく若い力を育てることは、私たちロータリークラブだけでなく、わが国や世界においても将来の最も大きな財産になることは言うまでもありません。そして、地域社会の子どもたちは、最も身近な私達の宝の一つです。そのため、当クラブにおいても、青少年の健全な育成は大変重要な活動の一つになります。当委員会としましても、私達ロータリアンが率先して青少年奉仕を実践していけるよう励んでいきたいと思います。
【事業】
・担当例会を充実したものにする
・地域の青少年活動への支援・交流
 (下諏訪中学校生徒との協働奉仕活動を通じて交流をはかる)
 (職場体験学習の支援)
 (ガールスカウトへの支援)
・地区事業への積極的参加
 (インターアクト・ローターアクトとの交流・ライラなどへの参加・協力)
クラブ会報・雑誌広報委員会     委員長 宮澤 孝良
 本年度の活動方針である「ひらめきと継続」によって諏訪湖ロータリークラブの伝統を守り続けていくためには、変化に対応していかなければなりません。そのためにも我が委員会では「正しい」情報を発信していきたいと思います。そのためには、SNSを活用した情報の公開が必要だと思います。
 対外的には、報道機関・地方自治団体・インターネット、あるいはイベントへの参加を通じ、ロータリー活動や奉仕活動について「正しい」情報を提供することにより、ロータリアン以外の人々にロータリーの存在意義を理解・評価してもらう。
 内部としては、会報を充実させ、情報を共有する手段とする。また、会員に対する情報提供として「ロータリーの友」を紹介したり、会員、各委員会に投稿を依頼する。
 以上の両面を基本に事業を行っていきたいと思います。
【事業】
1.ウィークリー(会報)の発行
2.HPの管理および更新
3.画像・関係記録の保存
4.公共団体・報道機関への情報提供
5.「ロータリーの友」の活用
6.担当例会 5回
7.35周年事業の記念誌発行
S・A・A    委員長 御子柴 文夫
 当クラブ歴代のSAAに築かれた任務を継承し、例会の品位と秩序を守り、出席していることが歓びとなる和やかな例会の進行を図るために次の職務を行ってまいります。
■職務内容
@例会の司会進行
A例会の入場・退場の許可及び例会場の開門・閉門管理
B早退・遅刻の承認及び許可
C私語に対する警告
D卓話等の予定時間励行
E例会場の秩序を乱す行為に対する警告と退場命令
Fクラブ奉仕委員会と共に例会上の設営
Gクラブ幹事と共に食事の献立・業者の選定等の食事の手配
Hクラブ奉仕委員会と共にニコニコボックスの管理とその募金状況の報告
I35周年事業の遂行状況管理

戻る