社会奉仕委員会    Topへ戻る

 
社会奉仕委員会   委員長 太田淳也
創立宣言の「諏訪の湖を心の鏡とし、研鑚を深め、奉仕の誠を尽くそう」を今一度改めて私達自身に問いかけ、強い意志を持って奉仕するという会長の想いを受け留め事業計画を立てました。
私達、諏訪湖ロータリークラブは創立以来、環境問題にいち早く取り組み「諏訪湖浄化活動」に取り組んで参りました。しかし、今現在もコロナ禍で様々な奉仕活動の実施が難しい中、この永きに渡って継続してきた活動を決して絶やすことなく、安全に実施出来る方法を探りながら、青少年奉仕委員会とも協働して事業を実施していきたいと思います。そして、これからも将来に向かって諏訪湖の環境を守り続けて次世代に繋げていきたいと考えます。

【事業】
1. 諏訪湖浄化運動及び環境問題への取り組み
2. 昨年度の引継ぎ事業の実施
・「諏訪湖読本」の各小・中学校の図書館と各公立図書館(岡谷市、下諏訪町、諏訪市)への寄贈。
・LCVで放映された「諏訪湖読本」に関しての資料をパネル化し、諏訪湖
博物館に寄贈し、展示して頂く。
3. 信州大学山岳科学研究所への助成
4. 諏訪湖清掃活動(8/8諏訪湖クリーン祭・ロータリー奉仕デイ〈9月か10月〉・12/12アダプトプログラム・5/29環境の日)
5. 青少年奉仕委員会との協働事業(里山整備事業)
6. 諏訪湖浄化基金の管理
 

Topへ戻る